利用者負担(保育料)について

利用者負担(保育料)は、幼稚園、保育所(園)、認定こども園等で児童を保育するために必要となる費用等の全部または一部を保護者に負担していただくものです。

児童の父母等の市町村民税額を基礎として算定するため、公立・私立とも同じ金額です。また、登所(園)日数が少ないなどの理由で減額にはなりません。

※延長保育等の料金は別途必要になります。

保育料の算定について

利用者負担(保育料)は、児童の父母の市町村民税額を基礎として算定し、児童の年齢および保育必要量によって決まります。ただし、保護者の収入が一定基準に満たない場合は、祖父母の税額が利用者負担の算定の基礎になる場合があります。

(1)前期保育料(4月分〜8月分):前年度の市町村民税から算定します
(2)後期保育料(9月分〜3月分):当年度の市町村民税から算定します

※市町村民税額は、住宅借入金等特別控除、配当控除等の税額控除(調整控除等を除く)を控除する前の税額です。

なお、利用者負担(保育料)算定にかかる市町村民税額が確認できず、課税資料等の提出もない場合には、利用者負担の額は最高額となります。未申告とならないよう、必ず申告してください。

保育料の変更について

利用者負担(保育料)は、対象年度の市町村民税額に基づき算定しているため、税額に変更が生じた場合は、必ず「認定事項変更申請(届出)書」により手続きをしてください。また、離婚等による世帯状況変更など、保育料の再算定を必要とする場合も申請してください。

なお、保育料の変更は、変更事由の生じた月の翌月から変更します。ただし、税額再認定については、年度当初または入所した日にさかのぼって変更します。

※保育料の変更は、原則、現年度分のみの変更となります。

保育料

利用者負担(保育料)は、幼稚園、保育所(園)、認定こども園など、通所(園)施設の区分により異なります。

幼稚園・教育認定(1号)・保育認定(2号・3号)の利用者負担(保育料)は次のとおりです。

 

保育料の減額について

第2子以降保育料無料化

次の要件にすべて該当する人は、申請することにより利用者負担(保育料)が無料となります。ただし、無料化の対象となる児童が入所していても、申請書の提出がない場合には該当になりません。

 

【保育料無料化の要件】

次のすべての要件を満たすこと

  1. 対象児童と保護者の住民登録が市内にあること
  2. 児童が第2子以降であり、認可保育施設および幼稚園(市外を含む)に通っていること
  3. 同一世帯で児童を2人以上扶養していること
  4. 所得税または市町村民税の申告がなされており、利用者負担(保育料)算定に必要な税書類が提出されていること
  5. 利用者負担(保育料)を滞納していないこと

※保護者が単身赴任、子どもが学校等の都合で世帯にいない場合はこの限りではありません。

必要書類

  1. 第2子以降保育料無料化申請書
  2. 戸籍謄本
  3. 健康保険証の写し(扶養者および扶養している子ども全員分)
書式ダウンロード

※平成31年度(平成30年4月以降)の申し込みをする場合は、平成31年度用をご提出ください。

この記事に関するお問い合わせ先
こども課

〒377-8501
群馬県渋川市石原80番地
電話番号:0279-22-2415 ファックス:0279-24-6541
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年04月01日