「虐待されているのでは?」と心配なときは

児童虐待を防止するには早期に発見し、その家族を適切に支援していくことが重要です。まわりの私たちが気づくこと、知らせることで子どもを救えます。あなたの行動が、子どもを虐待から守るネットワークの第一歩です。

子どもを虐待から守るための5か条

  1. 「おかしい」と感じたら迷わず連絡(通告)を。
  2. 「しつけのつもり」は言い訳。子どもの立場で判断。
  3. ひとりで抱え込まない。あなたにできることから行動を。
  4. 親の立場より子どもの立場。子どもの命が最優先。
  5. 虐待はあなたのまわりでも起こり得る。

児童虐待は子どもに対する重大な権利侵害です。叩く音や子どもの叫び声、不自然な泣き声が聞こえるなど、あなたの周りに「虐待を受けているのでは。」と思われる子どもがいたら、迷わず通報をしましょう。

虐待通報先

虐待通報先
連絡先 電話番号 備考
渋川警察署
こどもの悩み110番
0279-23-0110
0279- 24-8911
緊急を要する場合は110番へ
こどもホットライン24 0120-783-884 24時間フリーダイヤル
(携帯電話からおかけの場合は027-263-1100へ)
渋川市こども課「家庭児童相談室」 0279-22-3443 月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)
9時から17時
群馬県中央児童相談所北部支所 0279-20-1010 月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)
8時30分から17時15分
群馬県中央児童相談所 027-261-1000 月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)
8時30分から17時15分
この記事に関するお問い合わせ先
こども課

〒377-8501
群馬県渋川市石原80番地
電話番号:0279-22-2415 ファックス:0279-24-6541

更新日:2018年02月27日