障害者手帳等の交付

身体障害者手帳

制度の概要

交付を受けることにより、各種の援助が受けられます。指定医による所定の診断書(社会福祉課及び各行政センター備付)が必要です。
 (補足)指定医とは、身体障害者福祉法の規定により指定を受けた医師のことです。指定医名簿は社会福祉課にあります。

申請に必要なもの

指定医の診断書、印鑑、写真(横3センチメートル縦4センチメートルの顔がはっきりわかるもの)

お問い合わせ先

市役所本庁社会福祉課

療育手帳

制度の概要

18歳未満の人は児童相談所、18歳以上の人は心身障害者福祉センターで判定を行い、この手帳の交付を受けることにより各種援助が受けられます。

申請に必要なもの

印鑑、写真(横3センチメートル縦4センチメートルの顔がはっきりわかるもの)

お問い合わせ先

市役所本庁社会福祉課

精神障害者保健福祉手帳

制度の概要

交付を受けることにより、各種の援助が受けられます。医師の診断書(手帳用)又は年金証書等の写しが必要です。
 (補足)診断書は、発病後初診日から6カ月以上経過した時点でのものです。

申請に必要なもの

手帳用診断書又は年金証書等の写し、印鑑、写真(横3センチメートル縦4センチメートルの顔がはっきりわかるもの)

お問い合わせ先

市役所本庁社会福祉課

この記事に関するお問い合わせ先

社会福祉課

〒377-8501
群馬県渋川市石原80番地
電話番号:0279-22-2359 ファックス:0279-22-2327

更新日:2018年02月27日