教育・保育施設の入所について

就学前のお子さんが利用できる教育・保育施設は、幼稚園・保育所(園)・認定こども園などがあります。

  • 幼稚園            小学校以降の教育基礎をつくるために幼児期の教育を行う学校
  • 保育所(園)    就労などで家庭で保育ができない保護者に代わって保育する施設
  • 認定こども園   幼稚園と保育所(園)の機能や特徴を併せ持つ施設

入所要件

就学前のお子さんが、教育・保育施設の利用を希望する場合には、市から認定を受ける必要があります。

教育認定(1号)は、市内在住の満3歳以上であれば受けることができます。また、共働き家庭でも、幼稚園等での教育を利用したい場合は、1号認定を受けることができます。

保育認定(2号・3号)は、保育が必要な事由に該当しないと受けることができません。

認定区分

認定区分

保育の必要性

利用できる施設

1号認定 満3歳以上 教育標準時間認定 なし 幼稚園、認定こども園
2号認定 満3歳以上 保育認定 あり 保育所(園)、認定こども園
3号認定 満3歳未満 保育認定 あり 保育所(園)、認定こども園、地域型保育

 

保育認定(2号・3号)の条件

保育認定を受けるには、以下の要件に該当することが必要です。

  1. 渋川市に居住し、住民登録していること。
  2. 保育所(園)または認定こども園での集団生活に支障のない児童であること。
  3. 保護者のいずれもが下記の事情で保育が必要な家庭であること。
  • 就労:パートタイム、夜間などすべての就労(月60時間以上の就労)
  • 妊娠・出産:出産前後(承諾期間:出産予定の前後2カ月)
  • 疾病・障害:保護者の疾病、負傷または心身の障害
  • 介護・看護:同居または長期入院している親族の介護や看護
  • 求職活動:起業準備を含む(承諾期間:3カ月)
  • 就学:職業訓練校などにおける職業訓練を含む
  • 虐待・DV:虐待やDVの恐れがあること
  • 災害復旧:火災や風水害等の災害復旧にあたっている
  • 育児休業:育児休業取得時に、すでに保育を利用している子どもがいて、継続利用が必要であること
  • その他:上記に類する状態として市が認める場合

 

申込手続き

平成30年5月以降の途中入所希望については、随時申し込みを受け付けます。入所(園)を希望する月の前月10日までに申請書等を提出してください。

《平成31年度(平成31年4月以降)の入所申し込みについてはこちら》

申込みに必要な書類

教育認定(1号)

  1. 入園願書
  2. 施設型給付費・地域型保育給付費支給認定申請書
  3. 利用者負担額(保育料)の算定に必要な書類(該当者のみ)

保育認定(2号・3号)

  1. 施設型給付費・地域型保育給付費支給認定申請書兼入所申込書
  2. 保育を必要とすることを証明する書類
  3. 保育所等利用児童健康状態調査票
  4. 利用者負担額(保育料)の算定に必要な書類(該当者のみ)
書式ダウンロード

保育料について

利用者負担(保育料)は、児童の父母の市町村民税額を基礎として算定し、児童の年齢および保育必要量によって決まります。保護者の収入が一定基準に満たない場合は、祖父母の税額が利用者負担の算定基礎になる場合もあります。

各基準額表

この記事に関するお問い合わせ先
こども課

〒377-8501
群馬県渋川市石原80番地
電話番号:0279-22-2415 ファックス:0279-24-6541
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年12月13日